私が試したほうれい線のシワ対策方法

ある日鏡を見ながら友達と話していると笑った時のほうれい線が深くなっていることに気が付きました。

 

その時は深くなってきてるなぁって思っただけで特に何も対策などせず過ごしていましたが次第にそのシワが戻らなくなってきてること、冬で乾燥してたこともあり保湿力が明らかに足りないことに目がつきました。

 

ネットで色々と調べ私が試した簡単で効果があった対策を紹介します。

 

よわいの運動がほうれい線にいい!

 

まず、鏡をみていただき口を限界まで開き「よ」と声に出してください。

ほうれい線

その後は「わ」の口と声出し、その後は「い」の口と声出しです。

 

「よわい」の形を1回10セット1日3回やるというもの。

 

私は人目がない所だったり暇な時に適当にやっていました。

 

声に出すのはちゃんとその形がちゃんと出来ているかの正確性のためですが鏡がある場面でしたら見ながらやっていただければ声出しは不要です。

 

その時に1文字1文字シワを伸ばしながらやりましょう。

 

これは二重アゴを無くすのにも同時に効果があり、たるみやダイエットにも効果的です。

 

私はこれをやり続けて1ヶ月で目にわかるくらいになりました。

 

これなら場所も取らない、費用もかからない、時間を使わない、お風呂のタイミングやトイレのタイミングなど自分でやる時を決めて忘れることなく気軽に取り組めると思います。

 

なぜ「よわい」の語呂なのかというと1番ほうれい線が伸びて薄くなるというものでした。

 

確かに伸びています。

 

最初は鏡などを見ながらしっかりと伸びでいることを確認して取り組むのがいいと思います。

 

あと1つ大切なのが保湿

 

顔全体に化粧水などをつける時により意識してつけていきましょう。

 

今はお風呂で使える洗い流すタイプのマスクが出ていたり種類が豊富です。

 

お風呂あがりにスキンケアの時間をたっぷり使うのはとても大変ですよね。

 

しかしこういったものなら、お風呂のついでにささっとスキンケアができてしまいます。

 

大事なのは毎日続けること。

 

毎日続けるためにお金をかけない時間をかけないというのがとても大切になってくるのではないでしょうか。

 

それから水分もたくさん取りましょう。

 

日本人は水分を取るのが非常に少ないと言われています。

 

ただ水からの摂取はなかなか量を取るのが難しいですよね。

 

そんな時には野菜たっぷりのスープや鍋などで野菜からの水分もしっかりと取ることができると思います。

 

スープや鍋は体を温めてくれますし体の中から綺麗になるのもとても大切なことだと思います。

 

今すぐにでも始められる私の簡単な対策でした。