間髪入れず保湿クリームを塗ること

ほうれい線対策というと保湿クリームをほうれい線に馴染ませることが思いつくと思います。

 

それもなかなか良い方法だと思いますが保湿クリームをつけるタイミングが大事なんですよ。

 

乾燥した肌に保湿クリームを塗ってもあまり良い効果が出てきません。

 

1番良いのは洗顔後間髪入れず顔に保湿クリームを塗ること。

 

間髪入れずがポイントですよ。

 

シワってどうしてできるのかといえば肌が乾燥するのが主な原因なんですよ。

 

赤ちゃんの肌にはシワというシワがないですが、赤ちゃんのカラダの水分量は大人のカラダの水分量より多いからシワができないのです。

シワのない赤ちゃん

赤ちゃんのカラダはぷくぷくしているからシワのように見えるところがあるけどそれはシワではありません。

 

シワの原因は乾燥なので水分不足にならないように水分補給することが大事。

 

化粧水で保湿してからクリームで水分が蒸発しないようにしても良いけど必ずしも化粧水を使わなくてもいいんですよ。

 

化粧水じゃなければ保湿できないなんて思わないこと。

 

水でもお湯でも保湿できます。

 

水やお湯を使う場合はサッサと保湿クリームを塗ることです。

 

洗顔して水分を拭き取ったらすぐクリームを塗ります。

 

ほうれい線やその近くは多めにクリームを塗って肌に馴染ませて。

 

よく馴染ませたら手のひらで顔を覆うようにしてクリームを馴染ませます。

 

ほうれい線もそうやってクリームを馴染ませます。

 

この一連の流れを毎日続けるのです。

 

今日は面倒だから洗顔だけという手抜きはダメ。

 

簡単なことなので毎日続けます。

 

ほうれい線を目立たなくさせたいなら洗顔や洗顔後の手入れを大事にしてください。

 

やってみるととっても簡単。

 

これが面倒なんて言っていたら先が思いやられます。

 

めんどくさがり屋さんでも洗顔するときタオルと一緒に保湿クリームを横に置いておけばいいでしょう。

 

顔が湿っているタイミングを逃してはいけませんよ。

 

タオルで水滴を全て拭ってしまうより、少し水滴が顔に残っているくらいで保湿クリームを塗る方がほうれい線が目立ちにくくなりますよ。

 

とにかく保湿プラス油分補給です。

 

朝の洗顔は洗顔料を使わなくていいと思います。

 

夜の間に顔を潤してくれた油分を洗い流してしまうのはもったいないんです。

 

朝は軽く水で洗顔するだけ。

 

その後は間髪入れず保湿クリームをほうれい線にもしっかり塗り込みましょう。

 

ゆっくりですが肌が柔らかくなってほうれい線やいろんな顔のシワが目立ちにくくなりますよ