ほうれい線には多方面からアプローチを

女性にとっては放っておけないほうれい線。

 

ほうれい線は見た目年齢を左右してしまいますよね。

ほうれい線対策

実年齢より老けたイメージを与えるのは嫌なものです。

 

加齢のサインが表れるのは個人差がありますが、それまでは気にならなかったお肌の変化に気づいたら、それがエイジングケアの始め時といえるでしょう。

 

今回は、ほうれい線のシワができる原因や対処法についてまとめました。

 

ほうれい線ができる原因は、よく知られる加齢だけではありません。

 

紫外線によるダメージのほか、顔の筋肉である表情筋の衰えや生活習慣も関係しているのです。

 

お肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが加齢により減少すると、頬の重みによってたるみが生まれます。

 

紫外線のUV-Aは部屋の中でも真皮に届き、コラーゲンやエラスチンを生成する細胞にダメージを与えます。

 

また、頬は皮下脂肪が多く、それを支える表情筋も老化によって衰えるため、肌全体が下がってしまい、ほうれい線のシワができるのです。

 

そして生活習慣も原因の一つです。

 

睡眠不足が続いたり、栄養バランスの悪い食生活を繰り返すと、肌のターンオーバーが乱れます。

 

新しいところでは、インターネットの普及も原因の一つといわれています。

 

PCと向き合うデスクワークやスマホを見る時間が増えたことから、長時間表情を動かさず、下を向く時間が多くなりました。

 

表情筋は筋肉の一種なので、使わなければ凝り固まり、衰えていきます。

 

このように、ほうれい線はたいていの場合、複数の原因が重なって徐々に進行するものなのです。

 

つぎに、ほうれい線の対処法について紹介しましょう。

 

まずは表情筋エクササイズ。

 

片方の頬に空気を閉じ込め、ふくらませて10秒間キープします。

 

10秒たったら今度は反対側。

 

これを1セットとして3セット行いましょう。

 

二つめは舌マッサージです。

 

舌でほうれい線を内側からなぞります。

 

エクササイズとマッサージをすることで血行が促され、ターンオーバーの乱れも予防してくれます。

 

三つめはおなじみのスキンケアによるほうれい線対策です。

 

加齢とともに失われるヒアルロン酸やセラミド配合の化粧品を選びましょう。

 

最後に、質のよい睡眠をとることや、老化防止の抗酸化作用のある食材を摂ることも欠かせません。

 

ほうれい線の原因や対策について紹介しました。

 

多くの場合、ほうれい線には複合的な原因があるものです。

 

そのため一つのケアですませるのではなく、複数のケアで多方面からアプローチするとよいでしょう。

 

今までの対処法であまり効果が得られなかった人は、別の対処法を加えてみることをおすすめします。

 

 

食事や生活習慣、エクササイズなどでもあまりほうれい線の実感がないという人には、ダーマフィラーというアイテムもオススメしたいです。

 

ダーマフィラーは、寝ている間に貼っておくだけで、ほうれい線や目元の気になるシワを撃退してくれるというアイテムで、今とても注目されています。

>ダーマフィラーの口コミを見たい方はこちら

 

 

ほうれい線、シワ、たるみ撃退!私の表情イキイキの極意

ほうれい線予防には徹底的な保湿ケアと、顔全体の筋力アップ心がけています!

 

私は化粧水後にプラセンタをたるみ、しわ、の気になるところとほうれい線に塗り込んで両手で顔を包みこむように温めて浸透させています!それから軽くパッティングして血行を促します。

 

お気に入りの飲み物と、好きな香りのお香をたいてリラックスして目をつぶってしばらくての暖かみを感じていると肌かリラックスしていくような気がします。

ほうれい線

飲み物には、ジンジャーが入った甘みのあるものがオススメですね!からだのポカポカが長く続きます。

 

頭をほうれい線には頭皮のハリも関係していると思うので、シャンプーの時も少し工夫しています!頭皮をマッサージするようにまんべんなく指でもむように頭皮を洗います。

 

それと地肌に負担をかけないように、結んだ髪は帰宅後できるだけ早くほどいて頭皮を休ませます。

 

ずっと結んだままだと頭皮が常に引っ張られてたるみやすいのではないかなと思っています。

 

日常の習慣も大切と思います。

 

イライラした表情は眉間のシワにもなりますし、常にへの字の口元はシワ、ほうれい線をより深くしてしまうので、リラックスして常に笑顔を心がけています。

 

実はこれが一番大切なのかも知れませんね。

 

何事も楽しんで大きな口をあけて笑いを表情豊かに過ごすことで自然と顔全体の筋肉が鍛えられます!最近若い子がみんなやっている変顔も実は顔の筋肉を鍛えるのにとても効果的ですね!誰も見ていない浴室でこっそりと思いっきりの変顔をしてみましょう(笑)。

 

私のオススメは頬におもいっきり空気をためてほうれい線を伸ばすことです。

 

それからヒョットコみたいにww唇を左右に伸ばします。

 

下を思いっきりだしてくるくる回したりもします。

 

これは絶対に見られないように注意してください。

 

とんでもなくおかしい顔になっていますので。

 

あとは激しく表情を動かしながら歌うなどもいいですね!わたしてきにはラップ系のよくしゃべる曲がいいですね!顔筋とともに滑舌も鍛えられますよ。

 

こんなことをしながらたっぷり40分は入浴したいですね。

 

冬は寒さで全ての筋肉が凝り固まっていますので、ぬるめのお湯にゆっくり使って、変顔で歌う(笑)これが最高です。

 

そして体温が緩やかに下がったころに睡眠にはいると疲れも残りませんよ。

 

この方法を続けてシワ、ほうれい線のない若々しいお肌を保って生き生きと生活したいなと思いますね!

 

変顔達人にもきっとなれます(笑)”

ダイエットをやめたらほうれい線が薄くなった

顔の中で目立つシワはほうれい線ではないでしょうか。

 

ほうれい線はシワの中でははっきりしていて、顔の真ん中にあるから目に付かないわけがないんですね。

 

マスクをつけるともちろん完全に隠せますが人前に出るときいつもマスクをつけるのもおかしいですよね・・・。

 

マスクが使えないシチュエーションだってあるわけです。

 

このくっきり目立つ太いシワは消そうと思ってもなかなか大変でしょう。

 

正直言って30代になったらほうれい線が出ても仕方がないし、完全に消すことはできないのだから諦めるのが1番いいと思う気持ちもあります。

 

ただ、40代後半のわたしでもここ1年程度でほうれい線を薄くできたことを思うと、30代そこそこでこのシワを諦めるのは得策ではないと思うんですね・・・。

 

40代前半だってまだまだ望みはあるでしょう。

 

わたしの場合ほうれい線が目立ってきたのは30代後半でした。

 

その頃ダイエットに成功してかなり有頂天だったんですね。

 

体重が4キロくらい減ってお腹が凹んで鎖骨も出るようになって着たい服が着られるようになったんです。

ほうれい線

それで有頂天になってもっと痩せようと1日2食ダイエットを続行していたのですが、ふと気づくとほうれい線とおでこの横ジワがくっきり。

 

いくらメイクに時間をかけてもこのシワが消せなくて凹みました。

 

短期間で痩せたことがシワの原因でしょう。

 

年を取ってから急に痩せるような間違ったダイエットをするとこんな風になっちゃうんですよね。

 

体重は減ったけど顔は間違いなく老けてしまってしばらく立ち直れませんでした。

 

そんなわたしがほうれい線を目立たなくできたのはちゃんと食べたからです。

 

1日3食食べて運動して体重キープを目指したところ、1年かかりましたがほうれい線が目立たない顔に戻りました。

 

ほうれい線が目立たなくなったことを最初に教えてくれたのは娘です。

 

ある日娘がわたしの顔をまじまじと見て「ママほうれい線なくなったよね」と言ったのです。

 

いやいや、ほうれい線がないなんてことあるはずが・・・と無表情で鏡を見たら、たしかにほうれい線がほとんど目に付かなかったんですね。

 

笑ったり話をしているときは分かるけど、無表情でいると娘の言うとおりほうれい線がどこにあるのか分からない。

 

いつの間にか顔に肉が付いていたんでしょうね。

 

顔が大きくなったとか二重顎になったという変化がなかったので気づかなかったけど、無茶なダイエットは顔に出るなと反省しました

 

シワ防止の為のスキンケアとマッサージ

20代後半を過ぎたあたりから徐々にほうれい線が気になるようになりました

 

最初はあまり気にしないように過ごしていましたが、ある日ファンデーションがほうれい線の溝に溜まるようになってしまい、見て見ぬ振りが出来なくなりました。

 

それからは毎朝顔のマッサージをするようになりました。

 

朝洗顔を終えてからオイルを使用し、ほうれい線を念入りにマッサージし、ついでに顔周りや目元のシワも気になりだしたので同時にマッサージをするようにしました。

 

オイルを落としてから再度洗顔をし、化粧水導入液→化粧水を二度付け→美容液→クリームの順に念入りにスキンケアを心掛けました。

 

化粧水をつける際に1分ほど置くと肌に浸透するらしいです。

 

メイクをする時もファンデーションが溝に溜まるのを恐れていたので、ほうれい線周りにはファンデーションを出来るだけ薄く塗るようにしました。

 

クレンジングをする時も気を配るようになりました。

 

メイクが肌に残った状態が一番肌に悪いそうです。

 

今までは肌に優しく、メイク落ちがそこまで優秀ではないジェルクレンジングを使用していましたが、メイクが一番落ちるオイルクレンジングに変更しました。

 

オイルクレンジングをする時は湯船に浸かりながら、ゆっくりと時間をかけてマッサージするようにしました丁寧にクレンジングをするよう心掛けました。

ほうれい線

クレンジングをする時も朝と同様、顔周りや目元のシワを伸ばすようマッサージし、ほうれい線にもアプローチをかけるようにしました。

 

夜のスキンケアは朝と同じ流れで保湿までし、目元に塗るアイクリームをほうれい線にも塗っています。

 

私が使用したのはアイクリームですが、堅めテクスチャーのクリームであればアイクリームでなくても効果はあると思います。

 

寝ている時も乾燥させないことがとても大事です。

 

また表情にも気を使うようになりました。

 

あまり大きな口を開けて笑わないようになりました。

 

そして暇な時は口をぷっくり膨らませたりしてほうれい線を伸ばすようにしました。

 

これはモデルのローラがぷっくり膨らませている時に、「ほうれい線が気になるからやっているの!」と言っていたのを参考にしました(笑)これは実際効いているかはわかりませんが、何事も試してみるのも大事ですよね。

 

この甲斐あってか、ほうれい線のシワが次第に気にならなくなりました。

 

以前より増えることは全くないです!色々と試してみて良かったと思います。

 

これからもシワを増やさないよう続けいくつもりです。

私のほうれい線シワ対策の決定版

あまり笑顔が多い人生ではなかったからか、同年代に比べたらほうれい線はなかった方でした。

 

でも40代も半ばを過ぎると少しづつ気になりだしました。

 

思いっきり口を突き出して、ひょっとこみたいな状態を長く維持して口輪筋を鍛える…というのは、結構早いうちからやっていて、もはや癖になっているくらいでした。

 

あとは、もちろん保湿をしっかりするようにして毎日寝る前にクリームを塗るとか、夜に寝るときに横を向かない。

 

上向きのみで寝るとか、そういう小さなことを地道にやっていました。

 

ですが45歳からは、坂道を転がるようにほうれい線のみならず、全体のシワが気になりだしました。

 

ある日ネットでいろいろと調べていたところ、大きな美容整形外科などでやっている「PRP療法」というのが目に止まったので、一番近くの一番実績がありそうなクリニックを探して、すぐに受けてみました。

施術

スポーツ選手などもやっているいわゆる再生医療というもので、ヒアルロン酸などの異物を注入するのではなく、自分の血液を採って、それをその場で遠心分離機にかけて血小板を取り出し、多血小板血漿にして顔の気になるところに注入する…というものです。

 

これは注入したもので即物的に持ち上げてシワを伸ばすのではなく、血小板が成長因子を促して傷の修復を促進するらしく、長い時間をかけて自己治癒能力に期待するものです。

 

だから注入してすぐは何も変わらないどころか、注射痕がけっこうショッキングなくらいのダメージです。

 

でも、3ヶ月、半年、1年と時間をかけてお肌が元気を取り戻す…といった効き方をします。

 

私は衝動的に受けてしまいましたので、施術後多少イメージが違ってオロオロしたりしましたが、1年2年と経った今では大満足です。

 

打ったところ全体がもっちりとしてハリが出てきている…もしくは老化が遅くなっていると感じるので「ここのこのほうれい線を伸ばしたいのに、伸びてない!」とは思いません。

 

もちろん完璧に安全、リスクゼロなんてものはないと思いますが、何より自分の体の一部を採って、それをまた注入しているという事実の安心感!一回ではなく、1年後とか時間を置いてもう一度施術すると効果もさらに実感すると聞き、私も二回目を受けました。

 

重ねて付け加えますが、施術後の注射のあとは本当に醜いです。

 

でもそれも1週間でだいたい落ち着きます。

 

多少お値段が張るものですが(だいたい1回につき10万円以上はします)、いまどきよく聞く高いクリームを使うのならこちらの方が私はオススメです。

 

私が試したほうれい線のシワ対策方法

ある日鏡を見ながら友達と話していると笑った時のほうれい線が深くなっていることに気が付きました。

 

その時は深くなってきてるなぁって思っただけで特に何も対策などせず過ごしていましたが次第にそのシワが戻らなくなってきてること、冬で乾燥してたこともあり保湿力が明らかに足りないことに目がつきました。

 

ネットで色々と調べ私が試した簡単で効果があった対策を紹介します。

 

よわいの運動がほうれい線にいい!

 

まず、鏡をみていただき口を限界まで開き「よ」と声に出してください。

ほうれい線

その後は「わ」の口と声出し、その後は「い」の口と声出しです。

 

「よわい」の形を1回10セット1日3回やるというもの。

 

私は人目がない所だったり暇な時に適当にやっていました。

 

声に出すのはちゃんとその形がちゃんと出来ているかの正確性のためですが鏡がある場面でしたら見ながらやっていただければ声出しは不要です。

 

その時に1文字1文字シワを伸ばしながらやりましょう。

 

これは二重アゴを無くすのにも同時に効果があり、たるみやダイエットにも効果的です。

 

私はこれをやり続けて1ヶ月で目にわかるくらいになりました。

 

これなら場所も取らない、費用もかからない、時間を使わない、お風呂のタイミングやトイレのタイミングなど自分でやる時を決めて忘れることなく気軽に取り組めると思います。

 

なぜ「よわい」の語呂なのかというと1番ほうれい線が伸びて薄くなるというものでした。

 

確かに伸びています。

 

最初は鏡などを見ながらしっかりと伸びでいることを確認して取り組むのがいいと思います。

 

あと1つ大切なのが保湿

 

顔全体に化粧水などをつける時により意識してつけていきましょう。

 

今はお風呂で使える洗い流すタイプのマスクが出ていたり種類が豊富です。

 

お風呂あがりにスキンケアの時間をたっぷり使うのはとても大変ですよね。

 

しかしこういったものなら、お風呂のついでにささっとスキンケアができてしまいます。

 

大事なのは毎日続けること。

 

毎日続けるためにお金をかけない時間をかけないというのがとても大切になってくるのではないでしょうか。

 

それから水分もたくさん取りましょう。

 

日本人は水分を取るのが非常に少ないと言われています。

 

ただ水からの摂取はなかなか量を取るのが難しいですよね。

 

そんな時には野菜たっぷりのスープや鍋などで野菜からの水分もしっかりと取ることができると思います。

 

スープや鍋は体を温めてくれますし体の中から綺麗になるのもとても大切なことだと思います。

 

今すぐにでも始められる私の簡単な対策でした。

 

口元の運動でほうれい線なんか怖くない

ほうれい線の対策として私が実践している事をご紹介します。

 

■風船を膨らませる

 

以前、友人から「ほうれい線には風船を膨らませるのが一番だよ」と言われ、早速風船を購入し一日一回風船を膨らませてみました。

 

普段使わない筋肉を使う為、なかなかキツイ運動ですが風船を膨らませるだけの事なので続けてみれば簡単な事でした。

ほうれい線対策

しかし、友人から「同じ風船ばっかり使ってたら膨らませ易くなるからダメだよ」と言われ、3日に1度は風船を新しい物に交換する事にしました。

 

ひと月辺り経った頃、なんだかほうれい線のシワがあまり目立たなくなってきた様な気がして、実家の母にもススメてみました。

 

すると、母から新たな情報を入手。

 

■笑う事で口元の運動をする

 

年老いた母には、さすがに風船を膨らませるのは無理だと笑われましたが母が実践している運動を教えてもらいました。

 

「い」と「う」を思いっきり口の筋肉を意識しながら繰り返すという運動です。

ほうれい線対策

確かに70にもなる母ですが、同年代と比べてもシワがあまり目立たず、どちらかと言えば若く見られる事が普段でも多いのです。

 

母の若さの秘訣はコレだったのか?と教えられ、それからは周りに変に思われない一人になれるトイレやお風呂場や布団に入ってから、この「い」「う」の運動をやってみました。

 

私は現在47歳になりますが、目立ったほうれい線のシワはありません。

 

友人や母から教わった事のどちらにも共通するのは「口元の運動」です。

 

40代に入ってから、肌が乾燥する事に気づいてから顔は勿論、体の保湿は気をつけていました。

 

顔にはたっぷり化粧水をシットリするまで重ねづけを繰り返し、体には水分をふき取る前に濡れた状態でボディクリームをつけてあまりベタベタつけ過ぎない程度にケアしています。

 

私は個人的にクリームが苦手で、顔や体にも直接つける事は避けていました。

 

だから余計に、乾燥=シワの原因に負けない肌づくりを心がけています。

 

上記の「口元の運動」の他、水を毎日2L飲む事を心がけていて、会社にもマイ水筒を持参し日常の水分補給は水がメインです。

 

朝や食事の後にはコーヒーを飲みますが、炭酸飲料やジュースは飲みません。

 

アルコールは元々飲めない体質なので、全く飲みませんがタバコはずっと吸っています。

 

一日に10本位ですが、タバコが肌に悪いのも知っているのでせめて水を飲もうと始めて3年になります。

 

定期的な健康診断も満点で、肌の状態も良くなり吹き出物も全く出ません。

 

今日ご紹介したほうれい線対策の方法はとても簡単ですので、みなさんも是非試してみて下さい。

 

 

間髪入れず保湿クリームを塗ること

ほうれい線対策というと保湿クリームをほうれい線に馴染ませることが思いつくと思います。

 

それもなかなか良い方法だと思いますが保湿クリームをつけるタイミングが大事なんですよ。

 

乾燥した肌に保湿クリームを塗ってもあまり良い効果が出てきません。

 

1番良いのは洗顔後間髪入れず顔に保湿クリームを塗ること。

 

間髪入れずがポイントですよ。

 

シワってどうしてできるのかといえば肌が乾燥するのが主な原因なんですよ。

 

赤ちゃんの肌にはシワというシワがないですが、赤ちゃんのカラダの水分量は大人のカラダの水分量より多いからシワができないのです。

シワのない赤ちゃん

赤ちゃんのカラダはぷくぷくしているからシワのように見えるところがあるけどそれはシワではありません。

 

シワの原因は乾燥なので水分不足にならないように水分補給することが大事。

 

化粧水で保湿してからクリームで水分が蒸発しないようにしても良いけど必ずしも化粧水を使わなくてもいいんですよ。

 

化粧水じゃなければ保湿できないなんて思わないこと。

 

水でもお湯でも保湿できます。

 

水やお湯を使う場合はサッサと保湿クリームを塗ることです。

 

洗顔して水分を拭き取ったらすぐクリームを塗ります。

 

ほうれい線やその近くは多めにクリームを塗って肌に馴染ませて。

 

よく馴染ませたら手のひらで顔を覆うようにしてクリームを馴染ませます。

 

ほうれい線もそうやってクリームを馴染ませます。

 

この一連の流れを毎日続けるのです。

 

今日は面倒だから洗顔だけという手抜きはダメ。

 

簡単なことなので毎日続けます。

 

ほうれい線を目立たなくさせたいなら洗顔や洗顔後の手入れを大事にしてください。

 

やってみるととっても簡単。

 

これが面倒なんて言っていたら先が思いやられます。

 

めんどくさがり屋さんでも洗顔するときタオルと一緒に保湿クリームを横に置いておけばいいでしょう。

 

顔が湿っているタイミングを逃してはいけませんよ。

 

タオルで水滴を全て拭ってしまうより、少し水滴が顔に残っているくらいで保湿クリームを塗る方がほうれい線が目立ちにくくなりますよ。

 

とにかく保湿プラス油分補給です。

 

朝の洗顔は洗顔料を使わなくていいと思います。

 

夜の間に顔を潤してくれた油分を洗い流してしまうのはもったいないんです。

 

朝は軽く水で洗顔するだけ。

 

その後は間髪入れず保湿クリームをほうれい線にもしっかり塗り込みましょう。

 

ゆっくりですが肌が柔らかくなってほうれい線やいろんな顔のシワが目立ちにくくなりますよ

 

ほうれい線対策は表情筋トレーニングで!

ほうれい線で悩んでいる人は肌のたるみを防げばいいんですよ。

 

と言っても肌のたるみを防ぐのって難しいですし、すでに肌がたるんでいるからほうれい線ができてしまっているわけで・・・。

 

なかなか肌のハリを保つのは難しいですからね。

ほうれい線

これは年齢のせいでもあるので頑張るといっても限界があります。

 

少しでもほうれい線が薄くなればいいのなら肌のたるみを解消することをオススメします。

 

 

保湿ももちろんシワ対策に効果的なんですが、保湿さえ徹底すればほうれい線が消えるわけじゃないんですよね・・・。

 

顔の筋肉を鍛えてたるんだ顔をパリッとさせたほうがほうれい線は目に付かなくなります。

 

顔の筋肉トレーニングは意外と簡単なんですよ。

 

最近は口にくわえるトレーニングアイテムがあります。

 

テレビでもたまに宣伝していますからそういうアイテムを使ってみても良いですね。

 

値段は一万円程度だったような・・・。

 

顔のトレーニングアイテムの中ではかなり値段が高いと思います。

 

雑貨屋とかドラッグストアに行くと表情筋トレーニング用のアイテムが安い値段であるはずです。

 

足を使って探すのが面倒なら通販でも良いですね。

 

わたしが使っているのはドラッグストアで購入した500円程度の物です。

 

口にくわえて使う物で、スマホを使いながらでもテレビを見ながらでも簡単にトレーニングできます。

 

こういうアイテムを使って頬や口の周りの筋力をつけると、頬のたるみが減ってその結果ほうれい線が目に付かなくなります

 

まさかと思う人はぜひぜひやってみてくださいね!500円程度のアイテムだってコツコツ続けると効果が分かりますよ。

ほうれい線のシワ

頬に筋肉が付いてくると顔がシャープになります。

 

きりっとした顔つきになります。

 

そうなると毛穴の形まで変わってくるんですよ。

 

顔にハリがないと毛穴が雨粒のような形になったり楕円形になるんですが、顔が締まってくると毛穴が丸くなります。

 

丸い毛穴になるとたるみがだいぶ解消した証拠。

 

たぶんほうれい線も気にならないはずです。

 

笑ったときほうれい線が出るのは誰でも同じなのでそこまでは気にしないようにしましょうね。

 

無表情でいるとき顔にシワができないほうれい線が出ないなら大成功。

 

シワができるメカニズムを知ることでシワで悩む時間が減ります。

 

年齢と共に肌はたるむので顔の筋トレを意識しましょう。

 

続ければ続けるほど表情筋が鍛えられてシャキッとした顔になりますし、ほうれい線で悩まずにいられます。